日本国土が在日韓国北朝鮮人から騙されている

アクセスカウンタ

zoom RSS 某総理の暴走が続いている

<<   作成日時 : 2007/06/15 18:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


多数決の原理
物事を民主的に行うときに一般に行われているがこれが正しいのかは、
少数の意見を無視してそれらをまったく顧ないような政治のあり方は
自然に反します。
まさに現代はその上にある
多数決はどうしても少数意見の切り捨てを伴う。
自分や他人の行動規範も多数決の原理で決めようとする。
良し悪しについての問題外で多数決の原理があるのです。
早くいえば、民主主義や道州制は皆
国民の意見は無視し、一つにまとめることから、独裁政治という。

独裁政治という。
アメリカは「民主主義の輸出」を掲げて、武力や秘密工作で侵略を続けている。 民主主義は多数決の原理で進められている。            多数決の
原理に立つ民主主義が本当に良いものなのか、私は最近疑問に思っている。
中学生になって「民主々義」とは「多数決の原理」だと教えられた「あれっ!ほんとに
そうかな」と疑問をもった
多数決の原理及び財産の管理が行われている、現代は生き方さえもこの原理が線上にある

『多数を占める意見は正しい』という命題と同値なもの
として扱われることが多いのです
資本多数決の原理 資本多数決の原理 ? ?
同じように道州制の原理と同じなのだ。

独裁政治という。
社会の混乱期において発生し易く、政治の混沌期や、経済の長い
停滞期に多く出現する。ヒトラーやスターリンのような途方もない独裁政治の下では、基本的人権などというものは全く認められなかった。
日本の「政治的謀略」
独裁者の末路
は、どこでも同じなのだろうか。
独裁政治? 某総理の暴走が続いている
国際的に立場の強い国のリーダーという地位を得たい自身の野望で成立
を急いでいるようにしか見えない。
劇場型選挙に踊らされてしまったメディアの怠慢を批判同じ安易な手法がまかり通ることを危惧している。
算委員会の強行採決、本会議の上予算案は衆議院通過野党は騒いでいるだけで何も出来ない「数は力なり」の原理がまかり通る
強いものが正しいとする原理のことである。
今まで日本人はこれが最善としてきたのは誤りなのだ

足元見らずしてこける

大地に足でふんばらなくては、倒れてしまう。
日本は浮き足になっているから、足が浮いているだから危ないのはあたりまえ。
嫌なサイトは人に不快感を与え、自分の思い道理にはこば、ないと、
気がすまない現在の政治のようだ。
危険極まりない。

日本人が変態分解している

今日本人が大きく様変わりしている事が解った。
古来の精神がすっかり入れ替わっていたのだ、それが証拠に自分勝手なことばかり
している。
それは意味解釈に於いても、全然無意味な解釈になっているのが見える。
国全体の問題も、これに似ていて、自分勝手なことばかり先行させている。
これでは、何が正しくて何がただしいのかが、解らない状態に日本人が様変わり
しているのだ。
精神の剥奪が何時の間にか起きていたということになる。
ここでは洗脳されていると、しておこう。

(精神の剥奪者)は人間らから呼ぶ俗称 種族としての本来の名
能力を失ってしまう 外見は勿論、能力でも一概に言える存在ではない
危険な方に属する。【人敵】
自由の喪失と自由の剥奪 西洋に自由とはキリスト教に、もとずくものからき
ている。
精神侵略によって被害犠牲者は人生の喪失や多大な損傷を受けている。
被害者の基本的人権は一切配慮されていない、しかも、精神の自由を剥奪する
ことによって、人生を丸ごと奪い去る性質を持っている。 道州制が是である
これはどれも自分勝手な行動を意味している。
病みつつ廃退し続ける20世紀
破壊的カルト宗教のマインド・コントロールにより精神を破壊 された明治から
がすべての原因になっている。
これからが人間剥奪の論理憲法に入れ替わって現代に至る。
これがキリスト自由精神思想である、日本古来の神思想は廃棄されたのが、
明治天皇革命である。
精神性を剥奪すればするほど良しとされる造形、それが人類が行き着いた形な
のか。
精神の剥奪が、妙な信念を教祖のように崇め、理不尽な怒りと沈黙と達成を抱え
ている。偽天皇主義が明治からまかり通っているのは、西洋思想のキリスト精神
の根底からきたものである。
いつわりの自由が植え付けられた日本の憲法主義。

国中がこれだから、もう昔の日本人の姿は何処にもみえない。
これにより、昔と比較して、比べるのが出来なくなっているのだ。
世界全体の歩調に合わせて、すべてを同じものにするのは、西洋人の
体質に合わせていることにもなる。
これでは人間界が我が物顔で、生きることにも通じ、動物の原点に又
戻った事を意味する。
だから戦いが起こるのは当たり前である、特に白人は争い本能が古来より
、続いていて、歴史でも戦争ばかりして、力の強いものだけが、生き残って
きたのは、危ない凶暴な人類が、まだ居たという事実がある。
これには本当の自由はなかろう、あるのはせいぜい、キリスト教の自分勝手
な理由で、
解釈して、人間は平等であるとしているのは変態にちかいものである。
日本精神を剥奪し,人間精神の疎外を招くことになっている,というのです。

日本人の「精神的武装解除」=伝統的精神性の剥奪=大和魂の骨抜きはみごと
に成功したのです。

人間としての権利を剥奪したり、苛酷な差別や迫害の対象とし得るのか、そ
の原因はいったい何なのか? それは日本国憲法でしかない事にある。
ここでの憲法の意味をみあやまった景観があるのが陥った根拠の人間主義。
本来は神内での法則でしか、自然の原理も成り立たない。
その概観が解るのは自然の草草は人間の憲法が通じるかに相当している。
動物の原理は人間の憲法が通じるかに相当している。
あるのはせいぜい、
証拠に自分勝手なことばかり
している。
それは意味解釈に於いても、全然無意味な解釈になっているのが見える。
なんど繰り返しても同じことになるのだ、未来が開けないことを意味する。
まさに危険な道州制と獣道 そのものになる。

前と今とでは、たとえわずかであろうと違ってきているのではないかと思う。
尺度とするなら世界観などというものは迷妄これまで支配的であった科学信仰
ともいうべきものが、薄れつつある
いわゆる今昔の感というものである。
科学を知った吾々には昔のように自然を見ることは決してできない。
自然または人間にひそむ善悪法則性のごときものを忘れ、科学信仰が文明文学
をとっちめるのに使われる
機械論的世界観は科学キリスト信仰に直結する
明治以降の日本は自然世界観から機械論的世界観への地すべりであった。

これは「コペルニクス的転回」といわれる天動説から地動説(愚かな誤りであ
ることを指して言う。』への視点の転換と
同じ事である。宇宙について語ることは意味をもたない。
人間が宇宙に適応しているだけではない。宇宙が人間に適応しているのである。

神秘的な力がここに働いていると認めなければならないだろう。
自由とは自己対象のことで、主権者神々性の剥奪である。
日本の平和は憲法中での評価での平和だけなのを知らねば、平和について語
ることは意味をもたない。
これは現代思想のことを注しています。

【意味をもたない】現代思想

自然となった観念(論理学)は、自然哲学の中で単純な時間や空間
からはじまり人間精神へと至る。
自然の合目的性、論理性は、明治西洋キリスト思想によって剥奪されたといえる。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
某総理の暴走が続いている 日本国土が在日韓国北朝鮮人から騙されている/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる